北九州市小倉南区で白内障手術を二十年以上 医療法人 下川眼科医院

文字サイズ

白内障

白内障とは、水晶体が濁る病気です。

白内障について

白内障は眼球内で前方に位置する水晶体(図参照)が濁る病気です。

50才を過ぎた人のかなりの方、60才を過ぎた人のほぼ全員の眼に白内障があると思ってよいでしょう。

症状

初期にはまぶしい、かすむ、どんどん近視が進む等があり、進行すると、かすみが強くなり見えにくくなってきます。

・かすんで見にくい
・二重にだぶって見にくい
・まぶしい

進んでくるとメガネをかけても見にくい

白内障の見え方イメージ

原因

ほとんどが老化によるものです。

何歳になったから白内障ではなくて、年をとるごとに徐々に濁ってきて見えにくくなるのです。

その他に外傷性白内障、先天性白内障や糖尿病、ブドウ膜炎などに伴う白内障などがあります。

治療法

あまり有効な薬物治療はありません。

現状では手術のみが有効な治療法といえるでしょう。

目の手術は怖いと思う方も多いようですが、実際には目ぐすりのみの麻酔で、痛みもなく短時間で終わる手術です。

手術後も眼帯もせず、すぐに帰宅でき、通常の日常生活に殆ど支障はありません。

白内障はひどくならないと手術ができないと考えている方がいらっしゃるようですが、現在の手術方法では、軽い白内障の方が短時間で終わり、患者様も楽なうえ、合併症の頻度も少なくて済みます。

また手術により遠視、近視、乱視も軽減できます。

指カーソル白内障の手術について